麻衣子の気まぐれ猫ダイアリー 2/28(火)

S__5079151

気持ちはわかるけど、くつろぎ過ぎですよ!

%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e9%ba%bb%e8%a1%a3%e5%ad%90%e5%ae%a3%e6%9d%90%e5%9c%a7%e7%b8%ae%e7%89%88

川上 麻衣子
Maiko Kawakami

1966年2月5日スウェーデン・ストックホルム生まれ。女優・ガラスデザイナー。
1980年14歳の時、NHKドラマ人間模「絆」で芸能界デビュー。同年、「3年B組金八先生」(TBS)で生徒役を好演し、注目される。以後、テレビ「青が散る」(TBS)「トライアングルブルー」(CX)「恋も2度目なら」(NTV)連続テレビ小説「おしん」(NHK)大河ドラマ「秀吉」(NHK)「牡丹と薔薇」(東海TV)、映画「幸福」(市川 昆監督)「それから」(森田芳光監督)「うれしはずかし物語」(東 陽一監督)「その男、凶暴につき」(北野 武監督)「GONIN」(石井 隆監督)「一枚のハガキ」(新藤兼人監督)など、数々のテレビ、映画、舞台で活躍。映画「でべそ」(望月六郎監督)では、第6回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞受賞。2010年スウェーデンの教育絵本シリーズ「愛のほん」「死のほん」(小学館)を翻訳出版。2015年「彼の彼女と私の538日~猫からはじまる幸せのカタチ~」(竹書房)を出版。北欧のガラス工芸に魅せられ、自らがデザインした作品展を各地で開催。小樽ふれあい観光大使を務めるなどガラスデザイナーとしても幅広く活動している。