妄想ネコ #05

IMG_1105

豪徳寺に猫を見に行く 

最近、猫度が足りない。

ノラ君も触ってないし、猫を飼ってる人の家にも行ってない。

圧倒的な猫度不足であります。

そこでやむを得ず、世田谷の豪徳寺に行ってきた。

同寺は、一部の人の間では猫寺と呼ばれている。でも本物の猫がいるわけではない。いるのは招き猫ばかりである。
IMG_1102

 

こんな豪奢な三重塔もあるが…

IMG_1120

その軒下には招き猫

IMG_1127

とにかく招き猫

IMG_1128

 

どこもかしこも招き猫

IMG_1105

仏と並ぶ招き猫。もはや仏と同格であります

招き猫は寺務所で買える。いや、買うとは言わないのだろうけど、ともかくお金を納めて招き猫を受け取る(大小あり)。

それを好みの場所に奉納し、お願い事のひとつもしていくのである。

でも、豪徳寺境内のどこにでも奉納していいわけではないらしい。

本殿のほかに松福庵というお堂があって、そこが招き猫たちの居場所であります。上の画像も松福庵の中なのであります。

IMG_1134

こんなとこにも招き猫。

こうして招き猫に囲まれていると、まるで本物の猫に囲まれているように顔がほころぶ。参詣に来ている人たちもみな笑顔である。

不思議なことである。

一番小さいサイズの招き猫を買い、家に持ち帰った。きっと我が家にも福を招いてくれると思う。

 

Text by 黒川勇人(缶詰博士)

kurokawa

「缶詰博士」(公益社団法人日本缶詰協会公認)としてテレビ・ラジオ・雑誌・新聞など様々なメディア出演や執筆活動で活躍。現在までに世界46カ国を取材。数千缶の缶詰を味わっている。もちろん、ペット用の猫缶に関してもオーソリティ。大の猫好きだが、今は一緒に暮らす猫は居ず、猫との暮らしを妄想する日々。