きりえ ねこペティ#23 枇杷

petit24

おじさんが

そこらのきから

もいできた

うぶげのやつが

おすすめね

ちょっとふれても

しかられるから

はやくでてって

ほしいのよ

今回登場したねこ:フウ

18歳メス。

八百屋の看板娘でおじいさんと二人暮らし。

お釣りザルの下のダンボールが定位置。

takagiprofile

高木 亮(たかぎ りょう)
おはなしも作るきりえ画家、作家。 1971年香川県生まれ。神奈川県川崎市在住。 1992年ごろより独学できりえ制作を開始。その後「きりえや」を名乗る。ポストカード、カレンダー、かるたなどの自作製品や個展、各種メディアを通じ発表される独特のユーモアと哀愁を秘めた作風は「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい世界」と称され、内外で注目を集めている。

著書に、きりえ画文集「ユメとバルーン」「ユメとバルーン いつもの坂道」「ユメとバルーン 風吹く街で」、アートカードブック「ユメとバルーン きりえ原画版」、きりえクリスマスブック「ビリーザトナカイ」シリーズ 1「ソリを引く男」、2「師走の男」、3「ビリーの休日」(いずれもビーナイス)、「はじめてでも簡単 たのしい切り絵レッスン」(家の光協会)、「ねこ切り絵」(誠文堂新光社)、「スナバン」(1~4)(ビーナイス)。

高木亮きりえカレンダー2017「ユメとバルーン そばに」発売中。連載に、web連載4コマ「スナバン」(ビーナイス)。